ダイエットしたいけれど私は太りやすい体質なので痩せないのという人がいます。

確かにそれほど摂取カロリーが多くないのに太りやすい人がいますね。

逆に、摂取カロリーが多いのに太らない人もいます。

これには体質の差などもありますが、大きく関係するのは、食べるタイミングといわれています。

太りやすい人の食生活を見ていると体がカロリーを必要としていないタイミングで食事をとっていることが多いのです。

カロリーをしっかり取っているのに痩せている人というのは、体がカロリーを必要としている時に食事をしているので、エネルギーに消費されて体に蓄積されることがないため、太りにくくなっているのです。

わかりやすく説明してみます。

夜遅く、寝る前の時間帯は体がお休みモードになっています。

良く昔の人は食事の時間は腹時計が教えてくれるなんて言いますが、腹時計は食事の時間だけではなく、そろそろ寝る時間だよ、そろそろ起きる時間だよという事も教えてくれる、体内時計と同じです。

お休みモードになっている寝る前の時間帯は、体がエネルギーを欲しがっていない時間帯ですから、営養素も必要なく胃腸を休息させる時間帯です。

逆に朝起きてこれから活動するぞという時にはエネルギーが必要となる「動く時間帯」ですから、体もエネルギーを欲しがっているため消費もしやすく、胃腸に元気よく働いてもらう時間帯です。

人の体というのは良くできていて、この体内時計によって食べることが必要なとき、食べることが不必要なときがある程度決まっていて、食べ物を食べても代謝できる時間帯、代謝しにくい時間帯があるのです。

こうしたリズムを良く知ると、ダイエットしやすい食事をタイミングよく摂取できるようになっていきます。

※効率よいダイエットに…ドクターシーラボ商品が激安20%オフで買える!公式サイトだから安心・安全!-ドクターシーラボ公式通販