最近増えた家族葬

最近は、葬儀もいろんな形が選ばれるようになってきました。

特に増えてきたのは、家族葬という形のものです。

家族だけで葬儀を行うもので、規模が小さいので費用も低く抑えられます。

千葉でもこのような形で営む葬儀が増えてきたようです。

■家族葬と密葬は同じ?

家族だけで営まれる葬儀を密葬と言いますが、家族葬とは違うものなのでしょうか。

密葬というのは、本葬とセットになっているもので、会社の社長であるとか有名人など、会葬者が多いと考えられる場合に近親者でまず葬儀を行い、後日一般の参列者を招いた本葬が行われるのです。

最近では、本葬の代わりにお別れの会やしのぶ会として行われることが増えました。

家族葬というのは、単独で行われるもので、家族やごく親しい人だけで葬儀を行います。

■家族葬の費用は

家族葬は、一般の葬儀と違い費用があまりかからないものです。

一般の葬儀費用が、千葉ではだいたい140万円前後かかるのですが、家族葬なら50万円弱くらいでできます。

千葉でも、こういった葬儀の形式が選ばれることが多くなり、対応する葬儀場も千葉市内をはじめ、習志野、市川、野田、館山、成田、木更津、印西などにも多数あります。

相談の電話は24時間365日対応しているところがほとんどなので、いつでも相談できます。

■大きい葬儀が立派な式とは限らない

葬儀は祭壇が豪華で多くの人が参列したものが立派な式だと思われているようですが、必ずしもそうとは限りません。

心を込めて故人を見送り、きちんとお別れができて良かったと思えるものが良いお葬式です。

どんな葬儀にして欲しいかというのは、家族みんなで話し合っておくべきことかもしれませんね。

This entry was posted in 増える家族葬. Bookmark the permalink.

Comments are closed.